Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

藤田麻衣子 ドロドロベスト5 「運命の人」

このブログの目的の一つは、

シンガーソングライター藤田麻衣子さんの魅力を伝えるということだ。

 
f:id:no3b312:20180705154630j:image

彼女の魅力をあげるとすれば、

 

切ない声、

小柄でかわいい、

絵が上手い

etc・・・

 

しかしやはり、彼女の一番の魅力は、

自分が彼氏ならば、震え上がるほどのヘヴィーな詞であろう。

 
f:id:no3b312:20180705154647j:image

そこで今回は、特にヘヴィーな曲を5曲紹介してみたいと思う。

 

1.運命の人

 

大丈夫、いつもちゃんと笑ってるよ

 

冒頭からすでにヤヴァイ香りがプンプンする

 

誰といても何か足りない

あけた窓から見えた満月

 

この部分は少し違和感を感じる。

文字数を揃えるだけなら、

「とじた窓から見えた三日月」

としたほうが、前の文と統一感が出そうなものだが、

実際には、「足りない」、「満月」、とつながる。そしてその後、

 

「抑えた気持ち、また騒ぎ出す」

とつながる。

 

ここまでをワンセンテンスと考えるなら、

自分の気持ちを抑えられない、でもそれをちゃんと伝えられない

ということを表現したものだと解釈できる。

 

 

一応言えてるんだけど、ちゃんと伝えられないというのは、なかなか切ない状態であろう。

もし誤解がうまれてしまえば、最初から何も言わないほうが良かったと、後悔につながるパターンになるからだ。

 

 「どんな未来だとしてもあなたはわたしの、運命の人

 

もしこの部分にメロディーがなければ、ホラー以外の何者でもないであろう

 
f:id:no3b312:20180705154719j:image

しかし、音楽的にみれば間違いなくこの部分が一番イイところであり、この部分こそがこの曲の核といってもいいであろう。

そこによりにもよって一番ヘヴィーな言葉をぶっこんでくるとは、まさに脱帽である。

麻衣子節と言ってもいいであろう。

 

そもそも、タイトルである「運命の人」という言葉。本来なら幸せな情景を思い浮かべるような言葉であるのに、救いのないストーリーが展開されている。

 

「運命の人」という言葉の可能性を押し広げた、画期的な楽曲であることに疑いの余地はあるまい。

 
f:id:no3b312:20180705155516j:image

また騒ぎ出す」という一節から、何度も自分を抑え込もうとしている様子がわかる。不倫や浮気など、禁断の恋である可能性もある。

 

しかしそういったものにこそ人は魅力を感じるものだ。その葛藤こそがこの楽曲のキモになっている。

 

あなたほど好きになれた人はいないの。ねぇ、見抜いてほしい

 

ねぇ、見抜いてほしい

 

このくだりを見てぞっとしたのは私だけではあるまい。


f:id:no3b312:20180705155542j:image

女性のしたたかな部分が顔を覗かせている。このような顔は、人様に見せないようにするのが普通であろうが、麻衣子さんはさらけ出している。

 

ちゃんと笑ってるよ

ねぇ見抜いてほしい

 

この強がりと弱さのバランス感覚!ハンパない。

 

ここに麻衣子さんの唯一無二の個性があると私は考える。

この曲は麻衣子さんの個性を語る上で、欠かすことのできない曲の一つであろう。

 

つづく。