Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

青春のエキサイトメント

ごきげんよう。管理人の吉岡です。


今日はあいみょんメジャーアルバム「青春のエキサイトメント」をレビューしてみたいと思う。

 


f:id:no3b312:20180823204343j:image


まず全体をざっと聴いて感じたのは、タイトルと歌詞の内容のイメージが異なっているということ。


「憧れてきたんだ」
・私が知ってるナイスガイなアクター。数年前にブタ箱ん中


「いつまでも」
・死んだ友達がさぁって語れば売れんのか?


などなど・・・

 

 


ありふれた題名だが、中身はかなり挑発的。
「クソが」という言葉も割と多く出てくる。
そして多いのが、男目線で書かれた詞。

 


f:id:no3b312:20180823204434j:image


正直なところ、シングル以外でパンチのある曲はあまりない。


メジャーファーストにしては内容が薄いと言わざるを得ないだろう。


詞にひっぱられるようなサビの曲が多く、あまり印象に残らない。
おそらく詞先で作っている曲が多いのだろうが、あまりうまくハマっていない。


シングルを聴きたいなら聴く価値はありそうだが、アルバムとしては少し薄味だ。


個性4
アレンジ4
革新性3
演奏力3
総合3


シングル曲の完成度は素晴らしい。


詞の内容も現代にマッチしている。


しかし先に述べたが、シングル以外の曲にパンチがある曲があまりない。


詞に引っ張られてメロディーがのっぺりしてしまっている曲が多い。


アルバム全体としての完成度が高くなければ、真のファンはついてくれない。

 

まだまだソングライティングはこれからのアーティストであろう。