Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

平成最後の夏

今週のお題「#平成最後の夏」

 

ごきげんよう。管理人の吉岡です。


来年から元号が変わるので、今年が平成最後の夏となる。

 


f:id:no3b312:20180824203450j:image


結論から言うと、大したことができていないどころか、小さなことさえできていない。


夏らしいことなど何もしていない。


毎日暑いな、と思うくらいしか夏を身近に感じられない。


最近気付いたのだが、私は夏の歌が好きだ。
ひと夏の恋とやらをしたことがあるからか、それが失恋の曲だとなおいい。


恋愛というものはいつの季節でもいいものだが、やはり夏の恋が一番印象に残るように思う。

 


f:id:no3b312:20180824203552j:image


夏の恋に憧れながらも、今年も特に誰と出会うわけでもなく、セミの鳴き声も段々と小さくなり、夜には鈴虫が鳴くようになった。


私は未だに、一人でいることに慣れることができない。


たまに何年も付き合うひとがいなかったら、段々面倒になるという人もいるが、私には理解できない。


今年の夏もひとりだった。


人と人とが関わるのは、とても疲れたり、気が滅入ったりする場合もある。


そんな時はそっと手放して、また新しい出会いを探せばいい。

 


f:id:no3b312:20180824203626j:image


冷たく感じられるかもしれないが、それが私が30年余り生きてきて学んだことだ。


寂しさで人と一緒いても、悪い結果にしかならない。


求める心さえ忘れなければ、新しい出会いは必ず訪れる。


平成最後の夏を一緒に過ごせる人がいなかったのは残念だが、また夏はやってくる。

 


f:id:no3b312:20180824203648j:image


希望を捨てたり、期待しなくなるのは簡単だ。


もちろん期待しすぎるのも違う。


ちゃんと声に出してこそ、行動に移してこそ、期待は具体的な形を持つこともある


その責任を担うのは運命ではなく、自分自身なのだ。