Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

軽快なノリで気分を上げたい時に聴くアルバム Seuss「LOVE」

ごきげんよう。管理人の吉岡です。

 


今回はAppleMusicの今週のアーティストで紹介されていた「Seuss」というバンドを紹介しよう。


Seussとは、関西発の4人組ロックバンドである。まだあまり有名ではないからか、メンバーの年齢さえわからない。というかそもそもバンド名の読み方も不明。

 


f:id:no3b312:20180826123646j:image


聴き始めて最初の感想は、

 

 


うわっ、めっちゃフツーのブルースバンドやん、、、

 

 


である。


真新しさやひねりなど一切ない。
歌詞もすべて英語。
終始一貫して、けだるいブルースやゴキゲンなブギで構成されているアルバムなのだ。


こういったフツーのブルースを日本の音楽シーンでやる意味はあるのか?と疑問を持ってしまった。

 

 


しかし、それは私の早とちりだったのである。

 

 


このアルバムには、突出していい曲は入っていない。頭から終わりまで同じようなテンションで曲が続く。


これをしばらく聴いていると、不思議と気持ちが落ち着いてくるのだ。
そこには大人の、芯の強さが感じられる。

 


f:id:no3b312:20180826123752j:image


遊び心のある合いの手だったり、キーが高いところは無理せずヒョロヒョロした裏声で歌ったりと、気負いが全くない。


「アンタたちが騒ごうが無視しようが、俺たちは俺たちのペースでブルースを弾くだけだよ」


とでもいっているかのようだ。


我々が音楽を聴く理由は何であろう?


元気をもらいたいから?
流行っているから?
無音だと寂しいから?


中でもやはり、元気をもらえる、という理由が多いのではないか。
しかしその方法はいくつかある。

 


f:id:no3b312:20180826123820j:image


背中を押して欲しいこともあれば、引っ張って欲しいときもある。
しかし、何も言わずにただ寄り添ってくれる、そういった優しさもある。


このバンドは明らかに後者だ。


向こうから干渉はしてこないが、そっとそばにいてくれる。


ブルースといういわばとっつきづらいジャンルを、変にポップにして聴きやすくするのではなく、ありのままで奏でる彼らは、私のようなブルース好きには貴重な存在である。


ぜひ一般リスナーの方も、彼らを機にブルースを聴いてみてほしい。


 Seuss | Feel It, Like It (Official Music Video) - YouTube