Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

フォーク✕ジャズ✕ワールドミュージック ポール・サイモン「イン・ザ・ブルーライト」

ごきげんよう。管理人の吉岡です。

 

今回は、ポール・サイモン「イン・ザ・ブルーライトを紹介する。

 


f:id:no3b312:20180913204812j:image


ポール・サイモンとは?


60年代に流行ったサイモン&ガーファンクルのサイモンの方。御年76歳!
フォーク世代では知らぬ人はいないほど。


友人ギタリストの死、家族と離れてのツアーを楽しめなくなった、などの理由から、2018年を最後に引退することを発表。

 


f:id:no3b312:20180913204842j:image


音楽性


軽快なピアノ、トランペットなど、ジャズの要素が詰まっているが、よくあるようなジャズではない。


彼の得意とするフォークとワールドミュージックが混ざっていて、異次元のレベルになっている。


全体的に薄暗く、静かな雰囲気だが、音楽的な説得力はかなりのものだ。
特にアルバム後半の美しさはとてつもない。


サイモン&ガーファンクルの片割れだろ?haha!
などとナメた気持ちで聴くと完全に打ちのめされる(私のこと!)


これほど音楽的素養が豊かとは想像もしていなかった。

 


f:id:no3b312:20180913204957j:image


総合評価


革新性5
演奏力5
個性5
アレンジ5
バランス4
総合5

 

Paul Simon - Can't Run But (Audio) - YouTube