Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

レビューが信用できないので調べてみた

「好みが違う人が評価したものは当てにならない」

 

 ごきげんよう。管理人の吉岡です。


 最近は老若男女、誰でもネットが使えるようになったので、ものを買う時も、サービスを使う時も、評価を見てから買えるようになった。


 一見便利なようだがそこには落とし穴もある。


 それは、好みが違う人が評価したものは当てにならない、ということ。


 統計学的に、より多くの人の評価を得れば、それだけ誤差がなくなるのもまた事実だろうが、自分の好みが偏っていると自覚している私のような人間にはあまり意味がない。


 私の知り合いに食べ物の好き嫌いが激しい人がいて、その人は肉も魚も嫌いだが、紅しょうがが好き、という妙な味覚を持っている。


 いうまでもなく、この人から紹介されたお店などは全く信用できない。


 つい先日も、私の父親世代(50代後半)の年齢の人にオススメされて、とあるアーティストのライブを見に行ったのだが、そのアーティストはかなりフォークよりで、正直そこまでいいとは思えなかった。


 私は30代で、全くフォーク世代ではない。

 


f:id:no3b312:20180916172744j:image


 日本人は右にならえの国民性だ。

 

 みんなと同じでなければ不安になるし、自分で物事を判断しないからブランド物にばかり手を出す。


 本当にいいものやサービスを得るためには、やはり自分の感性で判断することが必須である。


 というわけで、

 

映画レビューについて調べてみた。


1.映画.com
2.coco
3.Filmarks
4.キネパス
5.Yahoo!映画


1.映画.com

f:id:no3b312:20180916171356j:image

 サイトをクリックして最初に出てくるのがこのページ。


 おそらくシンプルに、レビューの数が多い順に表示されるのだろう。


f:id:no3b312:20180916171429j:image

 ジャンル別に検索できるようにもなっている。最低でもこのくらいの機能はほしい。

 


2.coco

f:id:no3b312:20180916171443j:image

 こちらのサイトはレビュー数ではなく、評価が高い順に表示されているようだ。

 


f:id:no3b312:20180916171457j:image

 このサイトはツイッターとも連携している。
 なのでかなりのレビューがある。レビューというか、ただの感想のようなものも多いが。


3.Filmarks


f:id:no3b312:20180916171510j:image

 こちらも上映中のものが一番トップにでてくる。1ページにでてくる情報量としては一番だ。タイル型で見やすい。

 


f:id:no3b312:20180916171527j:image

 上映中のものだけでなく、その日に応じたオススメ映画も表示される。
遊び心の伺えるサイトはここだけだった。


4.キネパス


f:id:no3b312:20180916171535j:image

 一番おそまつだったサイト。
 レビューした人の名前しか表示されないので、全く信憑性がない。


5.Yahoo!映画


f:id:no3b312:20180916171616j:image

 私が真っ先に思い浮かんだのはこのサイトだが、意外に微妙な作りのサイト。


 左上にある、「関連度順」という並べ方も意味不明。

 


f:id:no3b312:20180916171626j:image

 恐ろしいことに個人のレビューページにいくと、5秒で自動的に次のページへ飛ぶ。
 なので最後までレビューが読めない。
 そんなに広告費が欲しいか…


番外編.アンドロイドアプリストア

 


f:id:no3b312:20180916171635j:image

 せめて言語別に並べてほしい(笑)


 おそらくだが、文字数が多いものほど上に来ていた。

 


まとめ


 そもそもの問題として、映画や本、漫画など、ストーリーのあるもののレビューは非常に難しいだろう。


 ネタバレがあれば読まれなくなるし、ネタバレを避けようとすればどうしても抽象的な感想しかいえないからだ。


 こうしてたくさんのサイトを調べてみると、レビューには思っているほどの信頼性はないのでは…という結論に至った。


 レビューする人の性別、年齢、好みなどが表示されれば最低限の評価の傾向は読み取れるかもしれないが、名前しか表示されないレビューに一体どれだけの意味があるのか、はなはだ疑問だ。


 そして当然といえば当然だが、現在公開中の映画のレビューサイトがほとんどであった。


 おそらく宣伝費をもらってサイトを運営しているのだろう。


 しかし公開中のものだけでなく、過去の名作についてのレビューも見たいという人もいるはず。


 そういったページがあるサイトもあったが、やはり隅の方においやられていた。


 過去の作品などTSUTAYAで借りればことたりるので、金にならないのだろう。


 多くの人が何気なく使っているレビューサイト。なんの疑いもなく信じると、余計なお金を払うことになる…かもしれない。

 


おわり