Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

冷静と情熱のAmazon その1

ごきげんよう。甘ブロガーの吉岡です。

 

このブログを読んでいる紳士淑女の皆様も、贔屓にしている人は多いだろう。

 

そう、通販最大手のAmazonだ。

最近になって気付いたことがある。

 


f:id:no3b312:20180729153938j:image

 

私もたわむれにAmazonを利用するのだが、ちょっと軽はずみにものを買い過ぎではないか、そんな気持ちが頭をもたげてきたのだ。

 

通販はとてつもなく便利だ。
PCやスマホの画面をサッと撫でればあら不思議、あとは待つだけで商品が届く。

 


f:id:no3b312:20180729154049j:image


私はここで一つ疑問を持った。

 

私の場合はクレジットカード決算だから、なおのことそうなのだが、買ったという実感が段々と薄れてきたのだ。

 

実際にものをみることもなく、お金のやりとりもすべてネットで完結する。

便利といえば便利なのだが、これが当たり前になってくると、まるで商品が届くのが当然の事のように思えてくる。

その商品の価値も、お金の価値も、どんどん薄くなってきているように感じる。

 


f:id:no3b312:20180729154151j:image

 

そんなふうに感じるのは、最近私がたわむれに始めたバイトのせいだろう。

 

居酒屋でバイトを始めたのだが、そこはチェーン店でもなんでもない、自営の店だ。

多分本来ならアウトなのだろうが、日払いでお小遣いみたいな感じでバイト代をくれる。

 

社会に出た時から、給料は銀行振込だった私は、それがとてつもなく新鮮だった。

 


f:id:no3b312:20180729154540j:image

 

もちろん時給は安いが、実際に手渡しでお金をもらうと、不思議なことに、大事に使おうとする。

 

私はカードで払えるところはすべてカードで払っているので、実際のお金のやりとりというのが大切なもののように思えた。

 

つづく