Story of my life

日常に転がる疑問を掘り下げるだけ掘り下げて放置

なぜ働くだけで毎月同じ額のお金がもらえるのか?


f:id:no3b312:20200927203223j:image

昨今では副業だの兼業だの、本業とは別にお金を稼ぐ方法を模索しろと言う風潮がある。

 

私はどっからどう見ても完全なる一般庶民だが、わりと経済や企業などの話は好きなので、自分にもできることがないか考えてみた。

 

そしていくつかの方法でお金を稼ぐことに成功した。

それを紹介してみると、

 

1.ギターを改造し、売ることでお金を稼いだ(私の趣味)

 

2.メルカリでいらないものを片っ端から売った。

 

3.これまた趣味のギターで、人様の歌のコーラスとギターの手伝いをしてお駄賃を頂いた。

 

などである。

 


f:id:no3b312:20200927202722j:image

 

ギターは1万5千円で売れたし、メルカリは30以上の本やDVDやらなんやらを売った。

コーラスとギターの手伝いは2万円ももらえた。

 

しかし、これらは全て単発か数回で終わっている。

 

ギターが売れたのは一本だけだし、メルカリは売りつくしてもう売るものがない。

音楽の手伝いは、たまたま相手が羽振りのいい人だっただけで、普通は2万円ももらえない。

 

そう、単発ならお金を稼ぐことができたのだが、それを長く安定してとなるととてつもなく難しいことに気付いたのだ。

 



f:id:no3b312:20200927203311j:image

 

私は社会に出て15年ほど経つ。その間にリーマンショックや、今ならコロナの影響で仕事が激減した年もあったが、途切れなく給料を頂いている。

 

15年も働いていて今更気付いたが、安定してお金を稼ぐことがどれだけすごいのかということが、副業を始めてわかったのだ。

 

考えてみてほしい。

 

企業に属さずに(正社員、契約社員派遣社員、アルバイト)お金を稼ぐことがあなたにできますか?

 

おそらくほぼ100%不可能と思われる。

 


f:id:no3b312:20200927203238j:image

 

私がやったように何かしら趣味で稼ぐ、メルカリで不要なものを売る、やる気があるなら中古ショップなどで安いものを仕入れて高く売るなど(私もやってみたが挫折しました)しか方法はないだろう。

 

そしてできたとしても、私と同じように数回しかできないはずだ。

 

ここまで来て不思議に思ったのは私だけではないだろう。

 

なぜ私たちは、毎日普通に会社に行って、仕事をするだけで、毎月安定したお金をもらうことができるのか?

 

「なんか効率の悪い事してんなー」

「なんで何もしてないやつが給料もらってんの?」

「やることあんまないなー(もしくは逆に社員が残業ばっかしてんなー)」

 

ということを会社に対して思ったことがある人は多いだろう。

 

しかし、会社というものはそう簡単に潰れない。

そして当たり前のように給料が出る。

ありがたみを忘れてしまうほど。

 


f:id:no3b312:20200927203254j:image

 

なぜ給料が安定して出せるのか?その理由はわからない。

とんでもない金額の投資をしたり、大失敗をしたり、経済の冷え込みで仕事が激減しても、普通に給料が出る。

 

私たちはとんでもなく巨大な力に守られているのだ。

これが規模のメリットである。

お金を稼ぐ方法はいたってシンプル。

大人数で協力するのが最強なのだ。

 

だから必然的に人口の多い中国が力をつけている、ただそれだけのことだ。

 


f:id:no3b312:20200927202836j:image

 

最初はありがたかった給料も、いつしか少ないなーくらいにしか気にもとめなくなる。

文句も不満も少なからずある。

 

しかし、企業に属さずにお金を稼ぐなど、一般庶民にはまず不可能。

 

よほど何かしらの才能があったり、頭の切れる人だったり、お父様が社長だったりしない限りは、毎月安定したお金を稼ぐなど間違いなく不可能。

 

明日からは少しだけ不満をなくそう。

そして明後日くらいに忘れて、また文句を言いながらも、日々をやり過ごしていこう。

少しだけ、流れに逆らって。

踊れるポップバンドART POP TOWN「SWEET!SWEET?SWEET!」

「いい音楽は出尽くした」
音楽の先輩方が口々にそういうが、まだまだ誰も聞いたことのない音楽はあるはずと信じて、最新の音楽を探す日々。
 
そんななかで見つけた素晴らしい音楽。
今回紹介するのは、
ART POP TOWN「SWEET!SWEET?SWEET!」2019年11月発売

f:id:no3b312:20200927125812j:plain

 
ツイッターによると、大阪在住の同い年4人組のキラキラ系POPバンド
 
年齢は書いてないが、2016年に専門学校の同級生同士で結成とあったので、おそらくメンバーは20代前半と思われる。
 

f:id:no3b312:20200927130407j:plain

キラキラ系と言っている通り、めっちゃカラフルなサウンド
軽快なギターとピアノ&シンセサウンド
グルーブ感のあるドラムとベース。言うことなし!
メロもキャッチーでヒットしそうな予感大。
 
全体的に明るめの曲調、ノリのいいリズムが多く、アルバムとしての統一感はグッド。
 
個人的に思ったのは、ギターソロが割と古風w
ポップな曲のギターソロというよりも、ロックな曲のギターソロという感じ。
おそらくはロック畑のギタリストなのだろう。
 

f:id:no3b312:20200927130433j:plain

 
ボーカルのなるおさやかさんの歌がまたいい。
私がいいと思った点は、変にうまく歌おうとしていないところ。
 
ブレス音が結構入ってたり、荒削りなところはあるが、まさに若い時にしかできない歌い方だ。
歳を重ねれば自然と上手くなるのだから、若い時は有り余るパワーを発散させる歌い方をして欲しい。
 
曲によって別人かと思うほど声色が違ったり、表現の幅も素晴らしい。
 
ヒットする要素は全て持っていると言える。後はきっかけを掴むことができるかが、このバンドの命運を分けるだろう…
 

曲紹介

Lonely Lonely

youtu.be

 

スターゲイザー

 

こちらもおすすめ!



 

これが未来のロックンロールなのか?テーム・インパラ「スロウ・ラッシュ」

f:id:no3b312:20200822071833j:image

今回はテーム・インパラ「スロウ・ラッシュ」というアルバムを紹介したいと思います!

 

こんな人にオススメ

 

・最近のロック事情を知りたい
・なんだかんだでロックが好き
・新しい音楽を発掘したい


最近音楽を聴いていなかったので、今一番アツいと思われるミュージシャンを探してみたら出てきたのが、このテーム・インパラだ。


テーム・インパラ Tame Impala

f:id:no3b312:20200822070914j:image

オーストラリア出身のケヴィン・パーカーによるソロプロジェクト。


前作「カレント」は、ブリットアワードのベストインターナショナルグループを受賞。


今ロック界隈で一番アツいといわれているミュージシャン。


このアルバムの特徴

f:id:no3b312:20200822071903j:image

・かすかにギターの音も聞こえるが、ほぼ打ち込みサウンド


・力を抜いたハイトーンボイスが心地よい


・難解そうに聞こえるが、メロがいいので耳なじみがいい

 


f:id:no3b312:20200822071103j:image

果たしてこれをロックと呼んでよいのだろうか?


ロックといえばギター、ベース、ドラムを生で鳴らすアナログなイメージだ。


しかしこのアルバムは、アナログの質感は全くといっていいほどなく、完全にデジタルな感じしかしないのだ。


楽器の類はほとんど打ち込み、ボーカルもディレイとリバーブがかなりかかっていてる。
どこまでも無機質な、つるっとした質感なのだ。


デジタル感が半端ないが、不思議とロックを感じさせるのもまた事実。
無機質なのに、ちゃんと温度を感じるし、何よりメロがいい。


打ち込みなだけあって、音の迫力はすさまじい。
上の帯域から下の帯域までバランスよく出ている。
これを生楽器でやろうとしたらとてつもない労力がいるだろう。
この音圧はデジタルならではのものだ。

 

私の一番好きな曲

youtu.be


まとめ

f:id:no3b312:20200822071133j:image

個人的には90年代の音楽ばかり聴いていたので、最近のロックはこんな感じになっているのかと驚いた。


とはいえ私の好きなミュージシャンのノエル・ギャラガーボン・イヴェールもデジタルなロックになっているので、まったく受け付けないという印象はなかった。


テーム・インパラも2000年代前半から活動していたらしいのだが、名前さえ知らなかったのは音楽好きとして恥ずかしい限りだ。


好きな音楽を聴いているだけでもいいのだが、それだと少しずつ好みが偏ってくるので、意識的に新しい音楽を聴くようにしなければと、決意を新たにできたのがよかった。


こちらもおススメ!

 

現代ロックの始まりとも言われる名盤

 

ひんやりとしたピアノロック


現代最高のメロディメーカーと言われる、ノエル・ギャラガーのソロプロジェクト

 

ラブホで恐怖体験した話

今週のお題「怖い話」f:id:no3b312:20200815114743j:image

 

今回は、私が実際に経験した怖い話を紹介してみたいと思います。

 

 

 

 

 

あれは今から数年前の話…

 

 

 

 

当時お付き合いをしていた彼女とラブホに行きました。

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815113417j:image

私が住んでいるのは地方ですので、ラブホは数件しかなく、しかもボロボロ。

 

 

 

 

 

正直結構不気味なところしかないのですが、ほかに選択肢もありません。

 

 

 

 

お風呂に入ったり、テレビを見たりしてコトを済ませたあと、爆睡。

 

 

 

 

 

ここまではいつもどおりの感じでした。

 

 

 

 

 

しかし翌朝目覚めた後、恐怖体験が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815113653j:image

朝、私が先に目が覚めました。

 

 

 

 

 

隣で彼女は寝ています。

 

 

 

 

 

起きてすぐトイレに行きたくなったので、トイレに向かいました。

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815114808j:image

そしてトイレのドアノブに手をかけた瞬間、凍り付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍵がかかっていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部屋には私と彼女の二人しかいないはずなのに…?

 

 

 

 

 

 

 

 

全身に鳥肌がたったのを今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのトイレのカギはよくあるタイプの、外から一円玉とかで開けられるものでした。

 

 

 

 

 

なぜそんなことをしたのか自分でもよく覚えていないのですが、私は一円玉を使って、トイレのカギを外から開けたのです。(寝ぼけて混乱してたので、そんな大胆な行動ができたのでしょう。)

 

 

 

 

 

おそるおそるトイレのドアを開けてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815115734j:image

もちろん誰もいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのトイレには窓がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815115746j:image

ラブホですから、他にある窓も開きません。

 

 

 

 

 

入口のドアを見てみましたが、もちろんカギがかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全なる密室。

 

 

 

 

 

部屋の中には私と彼女の二人だけ。

 

 

 

 

 


f:id:no3b312:20200815115926j:image
ホームズでも根を上げるような、完全なる密室です。

 

 

 

 

 

彼女には何も言わず(恐怖が倍増しそうなので)、ラブホを後にしました。

 

 

 

 

 

あの日、あの部屋に私たち以外の誰かがいたのかも知れません。

 

 

 


f:id:no3b312:20200815114839j:image

 

 

 

おわり

スピッツの夏うた

今週のお題「夏うた」f:id:no3b312:20200813210315j:image

 

スピッツの夏うたを集めてみました。

あえてマイナーな曲をセレクト。

でも全部名曲です。ぜひ聴いてみてください!

 

1.「夏の魔物

実はスピッツのセカンドシングル。

売れる前の曲なので、知っている人はあまりいないと思います。

初期のスピッツの狂気を秘めた雰囲気が楽しめます。

 

2.「夏が終わる」

夏うたというか、タイトル的には夏が終わった歌ですね。

今回の記事を書くにあたってスピッツを聴いていると、意外にも夏うたが多いことに気づきました。

しかも、夕暮れをイメージしたような曲が素晴らしいですね。

 

3.「鈴虫を飼う」

虫を題材にするようなバンドは、世界でもスピッツくらいのものではないでしょうか。

ボーカルの草野さんが虫好きらしく、現在に至るまで虫ソングを作っておられます。

個人的には虫は苦手ですが、歌になればなんてことないですね。

 

4.「波乗り」

”僕のペニスケースは人のとはちょっと違うのさ”というぶっ飛んだ歌詞から始まるこの歌。ノリノリな曲だが、どこか狂気を帯びたテンションにぞっとします。

 

5.「スピカ」

スピッツ好きの間では隠れた名曲として知られています。

久しぶりに聴いてみて、やはりいい曲だと思いました。

七夕のような、日本の夏を思わせる曲です。

 

 

こちらもおススメ!

 最近の夏うた

 

夏うた洋楽編

 

懐かしの夏うた

コロナで花火大会行けないけど夏を感じたい!そんなあなたにおススメの夏うたベスト5 過去編

今週のお題「夏うた」

f:id:no3b312:20200813083726j:image

 

ちょっと懐かしい夏うたを集めてみました!90年代多め。

 

 

1.「涙がキラリ☆スピッツ

youtu.be

7月7日の七夕に発売されたという曲なので選んでみました。

個人的にスピッツは大好きですが、この曲はあまり聴いていなかったので改めて聴いてみるといい曲。この人は本当に歌詞が素晴らしい。

邦楽の歌詞はスピッツか、スピッツでないかの二択しかないと思えるほど。

 

2.「何も言えなくて…夏」J-WALK

youtu.be

これほどきれいな一発屋もいないと思われるほどの一発屋。この曲以外、タイトルさえ聞いたことがないような。。。

とはいえ一発さえヒットを出せないミュージシャンもいるわけなので、すごいことには変わりありません。

ギター好きにはたまらないイントロ。ザクザクしたギターの音が気持ちいい。

 

3.「君がいた夏Mr.Children

youtu.be

ミスチルのデビュー曲(だったような)。一番売れていた時期はドロドロとしたラブソングが多いような気がしますが、初期のころはものすごいピュアなサウンドで、いろんな意味で大人になったんだなぁと感じます。

ちなみに私は学生時代にミスチルを聴きすぎて、今ではもはや聴く気になれません。

 

4.「君がいない夏」DEEN

youtu.be

名探偵コナンのエンディングに流れていた曲。

コナンの内容はほとんど覚えていないですが、この曲は印象が強く残っていたので、大人になってから調べて改めて何回も聞きなおしました。

さわやかなアコースティックナンバー。

 

5.「secret base ~君がくれたもの~」ZONE

youtu.be

言わずと知れた名曲。夏、幼少期の思い出というテーマで曲を作った曲は多々ありますが、これはその中でもダントツでいい曲だと思います。

ちなみに私が初めて買ったCDはZONEの「夢ノカケラ」今はCDを買ったことさえない若者もいるのだろうな。。。

 

こちらもおススメ!

 最近の夏うた

洋楽の夏うた

 




 

コロナで花火大会行けないけど夏を感じたい!そんなあなたにおススメの夏うたベスト5 洋楽編

今週のお題「夏うた」f:id:no3b312:20200812223341j:image

夏うたベスト5洋楽編をセレクトしてみました!

 

完全に管理人の独断と偏見によるランキングですので、実際には夏うたではない可能性もあるのでご了承ください。

 

 

1.「The Sound」The 1975

youtu.be

サムネの兄ちゃんがチャラそうですが、あっち(イギリス)では大人気のバンド、The 1975の大ヒットナンバー。

軽快なピアノがマッチするさわやかな曲。聞いているだけで涼しくなります。

ちなみに管理人にとっては失恋の曲なので、いい曲だとは思いつつ、切なさも感じます。

 

2.「Every Teardrop Is a Waterfall」ColdPlay

youtu.be

映画版「宇宙兄弟」の主題歌にもなったらしい、コールドプレイの大ヒットナンバー。個人的にはコールドプレイの大ファンで、初期の暗い雰囲気のほうが好きなのだが、雰囲気は変われど、いい曲を作るのは今も昔も変わらない。

こちらもさわやかで夏の暑さを吹き飛ばすエネルギーを持った曲。

 

3.「Closer」The Chainsmokers

youtu.be

男女デュエットによる、アダルトな雰囲気の漂う曲。

ひと夏の恋をしてしまった方にはぜひ聞いて頂きたい。

なかなかヤラしい歌詞なので気になる人は調べてみてください。

 

4.「Lonely Boy」The Black Keys

youtu.be

自分で選んでおいてなんだが、もはやなんでもあり。

サムネのおじさんが変なポーズをとっていますが、偏見を持たずに聴いてみてください、めっちゃいい曲です。

ノリノリのロックンロールナンバー。夏バテを吹き飛ばす力を持った曲です。

 

5.「A Day in the Life of a Fool」ザ・ボサノヴァ・ホテル

youtu.be

夏といえばブラジル、ブラジルといえばボサノヴァ

何かコメディ番組のオープニングで流れていたのを聞いて知った曲。

情熱的な夜に流したいナンバー。

 

 こちらもおススメ!