Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

学校というところ その2

ごきげんよう。管理人の吉岡です。

前回のつづきです

学校というところ その1 - 甘ブロガーの華麗なる戯言

 

学びたいという気持ちがなければ人は簡単に堕落する。

国民皆保険生活保護、この国ではよほど度を越して怠けない限りは、野垂れ死ぬことなどありえない。

 

自然界で生きていた頃の我々の祖先は、怠けたものから死んでいく環境だった。

成長する気のない人たちが悪いのではなく、成長しなくても死ぬことはなくなった社会こそ、物事をややこしくしている諸悪の根源であろう。

 


f:id:no3b312:20180811103455j:image

 

私は30歳になってからギターを始めたので、やはり同年代の人達と比べると腕前の差は歴然だ。

しかしたくさんの人達と知り合う中で、そういった人は多いということもわかった。

 

若い時弾いていて、結婚して辞めて、子供が独り立ちしてまた再開する、といった人。

 

仕事が忙しくて辞めて、ある時ふと再開した人。

定年退職して老後の楽しみのために始める人、などなど。

 


f:id:no3b312:20180811103526j:image

 

日本では年齢を重ねることに恐怖を感じる人が多い。

 

以前出会った25歳位の若者に楽器を勧めたことがあったが、こんな歳から始めるのは無理です、と断られたことがあった。

自分を変えたい、成長したいという気持ちがあれば年齢は関係ないはずだ。

 

現に職業訓練校では私はかなり若いほうだ。ほとんどの人は私の親より少し若いくらいの年の人が多い。

歳を重ねれば少しずつ体も能力も衰えていくのは間違いない。

 

そのペースがあまりにもゆっくりだから気づきにくいだけで、維持する程度ではある時ふと、自分が衰えているという事実を突きつけられることになる。

 


f:id:no3b312:20180811103614j:image

 

何歳になっても前向きな気持ちさえあれば、青春を続けることができるのだ。

 

今こそ学ぶ楽しさを思い出して、幸せを噛みしめる人生を送ろう!