Story of my life

君と語り合った、くだらないアレコレ

全知全能の神

ごきげんよう。管理人の吉岡です。

 

先日レビューしたポルカドットスティングレイの魅力を、さらに紐解いていきたいと思う。

 

前回はこちらテレキャスター・ストライプ - 甘ブロガーの華麗なる戯言

 


f:id:no3b312:20180822215941j:image

 

このバンドの曲を聴くと、まず最初に耳に入ってくるのはギターだ。

 

昨今のメジャーバンドでは珍しく、かなりギターが暴れまわっている。

 

その次にメロディー。

 

明るいメロディーなのだが、あまり聞き慣れないコード感に伴って、どこか狂気を感じる。

 

ボーカル雫さんの歌唱も申し分ない。

 

英語の発音はばっちりだし、可愛らしい声からドスの利いた声まで出せる。

 

そこらへんにいる可愛いだけのアイドルたちと一線を画する、ガチの歌い手といって差し支えないだろう。

 


f:id:no3b312:20180822220040j:image

 

大体の場合において、歌唱力があるということは、歌部分の主張が強くなりすぎてしまう。

 

特に日本の音楽というのは、歌以外があまり聞こえてこない楽曲が多い。

 

しかし彼女の場合、歌唱力は間違いなくあるのに、そこしか聞こえないという感じになっていない。

 

これは非常に珍しいケースと言えるだろう。

 


f:id:no3b312:20180822220211j:image

 

そして私が一番驚いたのは、歌詞である。

 

こういった目の保養になるような見た目の女子は、甘すぎて胸焼けしそうなラブソングを歌いがちだが、むしろドロドロの愛を歌う歌詞となっている。

 

さらに巧みに英語を織り交ぜ、歌詞の意味よりも韻やリズムを優先した言葉選びをしている。

 

その事が、歌唱力はあるのに主張が強すぎない、ちょうどいい塩梅のボーカルになっている要因であろう。

 

思いの外ハマってしまった自分にびっくりしているが、これからさらに掘り下げていくので乞うご期待!